資産形成に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが資産形成に勤しみます。

コロナ禍がついに私生活へ!4月支出過去最低!

 

私のメールボックスに1通のメールが届きました。

 

『昨日、京都府が「特定警戒都道府県」に指定されましたのを受け、

 20日(月)から5月6日(水)までを臨時休業とさせていただくことに致しました。』

 

マジか。


その衝撃的な内容に、開封後5分くらいは

 

f:id:kannrininn:20200419001046j:plain

こんな感じ。


5/6まで何回の夜を過ごせば良いと言うのか。

その間、誰も揉んでくれないとか、そんな未だかつてない緊急事態に、

私の腰が、私の肩が、私の首が、今この瞬間から既にゴリゴリです。

 

いーよなー、みんなは。

無料で揉んでくれる人がいて。

 

昔、シャンプーハットのてつじが言ってました。

 

「嫁はただ!」

 

って。

 

高校生の頃だったかな、ラジオでその言葉の聞いたうぶな私は

何かその卑猥な感じにものすごく興奮したものです(*´Д`)ハァハァ

 

 

はぁはぁ言うてる場合か。


頭を抱えたのはマッサージを受けられないとかそんな理由だけではありません。

これは本気でいよいよやばいと。

 

マッサージ店だけではなく、イオンモールまで閉まってしまった今。

そこで働く人の収入、そこで売っているモノを作る人の収入、

そしてその収入をあてにするその他無数のモノやサービスを提供する人々の収入。

それらが途絶える、というまさに異常事態。

 

私の目の前まで、それらの暗雲が迫る今、むしろもう、暗雲の中な今、

財布のひもを大統領の核ボタン並みに硬くしなければならないと

改めて誓いました。


と言うか、私の支出三本柱の内、一つが死んだ今、自然と固くなるでしょう。

①食費約30,000円

②マッサージ費約30,000円  ←これが4/20死亡

③携帯・電気・本約20,000円(携帯約5,000円、電気約7,000円、本8,000円)

 


実際、既に支出はだいぶ減っています。

 

4月の支出着地見込みは

148,733円。(家賃込み、資格関連の費用込み)


これは2018年1月に支出を記録し始めて以来、過去最低です。


ここからさらにマッサージ費が消えると、

家賃込みで月々12万円くらいに。


コロナをきっかけに節約の新記録が出せるかもしれませんね。

 

そうなると、その実績をもとに私の経済的自由への道も

ぐっと現実的な必要年数が見えてくるかもしれません。


こんな状況の中できることは生活費を見直して貯蓄すること。

蟻になって長期投資を積み立てよ!

少し余裕があるなら投資額アップ!

 

最近、これしか言ってないけど、

それは実は自分に言い聞かせてる意味合いが大きいです。

 

非常にシンプルですが、近道はないと思いますので、正解はこれではないのかと。

 

頑張ります。