資産形成改め結婚活動に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが結婚活動と資産形成に勤しみます。

年収300万円台でも自然に1億円貯まる、は本当か。

 

ビジネス誌「プレジデント」(2020年6月12日号)にて、

「年収300万 父さんは、なぜリッチなのか」という特集が組まれています。

f:id:kannrininn:20200531101953j:plain

お金=幸福、ではない、

生きる力のある人は収入が無くても楽しく暮らしている、みたいな、

こういう特集はセミリタイアの夢を後押ししてくれるので、私は好きです。


ただ、その特集よりも気になったのが、これ。

年収300万円台でも自然に1億円貯まる


年収300万円台でも??自然に1億円???

いやいや、無理でしょ~と思いながら読んだ感想としては、

やはり、けっこう無理矢理感がありましたね。

 

貯め方が全然自然ではないのと、結局、時間をかけざるを得ず

30年という長い年月をかけるという前提、

それってつまり貯める気満々感がMAX(略して、まんまんまん)。


具体的にどこが不自然なのか。

そのポイントを3つ、ご紹介しましょう。

 

その前に登場人物をお伝えします。

夫29歳、妻35歳、子供2人。

このような家族と、貯金額280万円という設定で

30年と言う長い長いシミュレーションは開始されます。

 

謎ポイント① 妻の頑張りが異常、涙無くして語れない。

年収300万円台で1億円貯める!というお話なのに、本人以外が登場。

ものすごい割合で妻の収入が組み込まれており、その額なんと

1億円の30%となる約3,000万円。

ちょっとずるくない?と思うのは私だけでしょうか。

シミュレーション開始時点では専業主婦の妻は、下の子が小学校に入学した4年後、

働きに出て、その収入の大半を貯金に捧げるストイックさで年間約120万円ずつ貯蓄。

そしてそれを26年間も継続する。

これが、、、自然???だと?妻、やばし。

 

謎ポイント② 「努力」と「自然」を両立30年。

年収300万円台で1億円貯めるには、投資が不可欠。

彼らは一家はiDeco2.3万円、NISA3万円を30年間運用します。

その利回りは5.2%。これで約4,600万円という計算。

利回り5.2%というのもシミュレーションとしては少し攻めてる気はしますが、

それ以上に気になるのは、年収300万円台、家族4人、妻も働き出て、

しかもそれを先ほど申し上げました通り、その大半を貯金に回している中、

毎月きっちり5.3万円を30年というめまいがしそうな年月、継続する。

それでも自然に、とでも???もはや夫婦そろって何かによる洗脳の疑い。

 

謎ポイント③ 莫大な退職金でやっつけフィニッシュ

極めつけは、雑誌編集のやっつけ仕事としか思えない。

最後の年にいきなり1800万円もの退職金が入ってきて、

1億円達成!めでたし、めでたし、というエンディング。

f:id:kannrininn:20200531102246j:plain

年収300万円台30年、

退職金1800万円。

 

え? えええ????

相場度外視の退職金に強烈な何でもあり感を感じざるを得ない。

退職金の平均・相場は? 勤続年数・企業規模・業種・学歴別に紹介 | Money VIVA(マネービバ)

 

 

まとめ

ものすごい頑張る妻、30年間の洗脳されての労働および節約、投資。

そして、最後に登場する謎のチート退職金。

 

これらが奇跡的に揃わないと年収300万円台で1億円は無理だぜ?

と、筆者の真意はそこにあるのだなと思いました。

 

これは煽られてるね!