お金大好き!さきっちょだけブログ

36歳、男、独身、一人暮らしがさきっちょだけで資産形成に勤しみます。

2022年年間総資産額推移と1年後の私。

 

2022年も終わりを迎えようとしています。

私の今年の資産推移状況はどうなったのでしょうか。


こうなりました。

34,041,571円

昨年末比703,140円。


1.2022年資産推移

super-hatarakiman.hatenablog.com

10月時点でも振り返りましたが、結局、巻き返す気配は一切なく、

むしろ、以降の給与もボーナスも吹き飛ばすほどの株評価額消失が続き、

資産額観測史上最低最低となる+703,140円で着地。

資産額観測史上最低最低となる+703,140円

 

毎月の積立が華麗になかったことに。-292万円。

 

マイナス評価額久しぶりに見た。


ため息オンリーですわい。(くっさ

 


2.要因

要因はただ一つ。世界の絶望、ナスダックの-30%が要因。

 

年初来-30%。

たしか、年始すぐにピークを迎えて、その後はひたすら下落。

 

ただ、これでもなおコロナ前より高いのかと思うと、まだ下落が続きそうな雰囲気に

もうスマホで折り鶴を作りたいくらいの破壊衝動にかられます。

 


3.元本2,100万円超え

あえて良かったことを挙げるとすると、こんな状況下においても

無心で積立を続けたことでしょうか。

まさにほったらかし。ゲームでも放置系が性に合っている私なので、

ぴったりの投資法。

 

というわけで、元本が2,100万円に達したと言うことで、

私の将来設計における頼みの綱、20年後に6倍理論(※)でいくと、

そのまま20年後定年くらいに1.2億円の資産になる計算。

これは本当に励みになります。

馬につけられた人参?とかふと思うけど、私の原動力。

がんばる。

 

※20年後に6倍理論

S&P500の過去の平均利回りから算出された結果

<参考>

super-hatarakiman.hatenablog.com

 

 

4.1年後の私

super-hatarakiman.hatenablog.com

この記事でも触れましたが、来年は今までと同じ投資活動はできません。

 

今まで地道に続けてきた積立投資39万円/月、ドル転3万円/月の継続、

そして、本当は事業レベルまで保有数を増やしたかった区分マンション5室目。

もう無理です。

 

なので、大きなテーマは『資産を減らさない』。

 

元本2,100万円さえ手を付けずに耐え忍べば20年後に光あり。

今後は預貯金とこれからの給与で各イベントをこなしていきたいと思っています。


喫緊の課題は住宅ローンです。

投資用ローン(区分マンション)の負債が返済比率にのしかかり、

このままでは物件を手放さないといけず、その場合の赤字は確実に数百万円。

現金が早くもすっからかん説が濃厚ですが、もはやこれも一つの人生と諦めるしかない。

(これはこれできっちりブログ書いて、後世に残したいところ。)

 

とりあえず元本2,100万円は死守。『資産を減らさない』。

 

現金がそっこーで無くなるね、というのは、言いっこなしよ!

 


来年の今頃、元本2,100万円を守り切りつつ、

ナスダックも復活しての評価額4,000万円になっちゃってたりなんかして、

とかそんな夢見ながら、今年はここで筆を置くことにします。


今年も一年、ありがとうございました。

良かったらいいね、チャンネル登録をお願いします。

 


<関連>
2021年

super-hatarakiman.hatenablog.com


2020年

super-hatarakiman.hatenablog.com


2019年

super-hatarakiman.hatenablog.com

 

今までの資産は老後資金にすらならないこと濃厚説。

 

お世話になっております。おいもこいもです。

現在の私の資産状況は以下の通り。

 

34,891,511円。

 

今年はもう期待していないぜyearなので、やむなしです。

 

株安が来ようが、円安が来ようが、インフレが来ようが、

最近気が付いたとある脅威に比べたら昼下がりのティータイムくらい。

平凡な私のルーティンに何も影響はありません。

 

さて、その、最近気が付いたとある脅威と言うのは、今まで培ってきた私の資産は

実は、経済的自由をもたらすどころか、あっという間に消滅して、

老後資金にすらならないのではないかという話。

 

と言うのも、最近、私は平日も土日も、

不眠不休で住宅ローンのことを調べておりまして。


これから35年間背負おうとしている毎月約20万という金額が

私のとっては思いのほかやばいのです。(背負い投げ~


今まで認めたくなくて、あまり深く考えないようにしていたのですが、

現状が歴史的低金利であり、今後、金利が上がることの可能性しかなく、

やはり無計画のままでは本当に破滅してしまう恐れが濃厚なので、

住宅ローンの本審査を申し込むにあたりスーパーコンピュータで計算しました。

 

その計算結果は、

住宅ローンが私を破滅に追いやる確率98%

でした。

 


ぴぎゃあああああああああああああああああああ!!!!1

 


現状、借りようとしているローンの金利は0.44%で毎月約20万円。

これが今後、どの程度金利が上がって、その時の支払金額は毎月いくらになるのか。

その驚愕の事実とは?!

 

 

diamond-fudosan.jp

過去32年の変動金利の平均値を計算してみると、4%ほどになります。
将来の平均的な変動金利は、基準金利であれば4%に落ち着く可能性があると

考えます。現実には2%になるときもあれば、6%になるときもあるかも

しれませんが、十分に起こり得るリスクとして、4%になった時でも

住宅ローン返済が家計にとって負担にならないかを、目に見える形で

把握しておくことが重要です。

 

これによると。

0.5%:約20万円 ←現在

1.5%:約24万円

2.5%:約28万円

4.0%:約35万円

 


4.0%になったら月に35万円て。

死ぬしかない。

 


一応、救済措置的なルールはあるようで。

 

(1)毎月の返済額は5年間変更しない

(2)返済額の引き上げは、1回につき1.25倍が上限

 

このルールにより、いくら急激に金利が上がったとしても、

直近10年間は以下金額に収まるよう。

ただし、その支払いの内ほとんどが利子になるようですが。

 

救済措置的発動下でこう。

 

約20万円→約25万円(1.25倍)→約32万円(1.25倍)


いやいや、これでも、十分、死ぬしかない。


実際にこうなったら、どうするか。

繰り上げ返済を行うしかありません。

その繰り上げ返済額は、私の計算によると3,000万円は必要。

金利4%になった暁には、繰り上げ返済3,000万円して

ようやく月に20万円支払いに落ち着く。


となると、毎月の支払難を回避し生活を成立させることの代償として、

10年弱かけてためた資産が吹き飛ばすことに。


教育資金や老後どうするねん問題が浮上。

 

ぴきょおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!1

 

ダメだもう。考えることから逃げ出したい。


為せば成るなる法隆寺理論で、細かいことは気にせず生きていこう。


お金くださいな。

 

セミリタイアの夢、終焉。

 

初めまして、おいもすももです。

 

さて、先日、発表させていただきました2023年投資戦略の中で

触れさせていただきました通り、私、2023年、結婚、

そして家を買います。(ほぼ確定)

 

そのため、今ままでイケハヤドンドンの投資活動も来年から無理確。

積立投資39万円/月、ドル転3万円/月の継続、不動産投資5室目へのトライ。

は諦めざるを得なくて、できて、FXでちょこちょこお小遣い稼ぎするくらい。


これはもうしょうがない。

 

諦めざるを得ない収入しかない私が悪い。

投資はもともとお金を持っている人が圧倒的有利。

一にも二にも元手、お金が無い人は資本家に時間と人的資源を渡して

その対価としてお金を得るしかない。

そして、それをちょびちょび投資に向けるしかない。

悲しい。悲しすぎるぜ。


とほほ。

 

そして。


私の投資活動がほぼストップすることは、長年の人生テーマだった

経済的自由を得る、あわよくばセミリタイアを諦めることと同義。

 

このままもし独身で人生突っ走る場合、

経済的自由の獲得ラインとしてトリニティスタディ4%理論で考えると

今の資産約3,600万円÷25で144万円/年、月12万円がほぼ永続的に入る計算なので

清貧生活さえ許容できれば何とかギリ経済的自由は得ていると言えます。

 


だがしかし。


実際、2023年から想定される月々の生活費は住宅ローン返済も入れて、

約40万円。(明らか身の丈に合ってない!!

 

 

これを前提としたときに必要な経済的自由資金を、

トリニティスタディ4%理論で考えると

40万円/月 × 12ヶ月 × 25年間 = 1.2億円

 

どっひゃ~~~!!

 

この金額は現在の投信元本2000万円が20年で6倍になるはず、という

S&P500過去30年間実績理論での算出結果1.2億円と同じ。

 

20年、か…。


結婚、家を買う。

これは。

20年間、今と変わらぬペースで労働し続けなければならないことが

確定した瞬間なのでした。

 

鬱。

 

でも、ガンバルンバ。

そうだ、ルンバも買わなきゃ。(現実逃避)

 

世界一早い2023年投資戦略。

 

私、おいも36歳。

 

2023年、結婚、そして家を買います。(ほぼ確定)

 

既に2022年10月初旬に住宅購入の契約済み。

手付金100万円入金済み。(ただし、全部嫁餅)

現在は隔週ペースで、間取り・費用確定に向けた打ち合わせ実施中。

 

(ハウスメーカさんに間取り打ち合わせ時に作成いただいたイメージ図)

 


人生いろいろペンディングしていたことを、

40歳目前にしていよいよコミットしていきます。

覚悟を決め、ロールバックという退路を断つ。

ふらふらしてた自分とはさようならです。

 

2023年の月々の支払いについて。

家賃が無くなる代わりに、手取り50%の住宅ローンが猛威を振るうでしょう。

堅実な投資活動を8年間続けつつも、ここにきてマネーリテラシー崩壊。

良いのです。なぜなら、欲しいから。

 

そして、2人になるのにマージされることなくプラスされるだけになりそうな生活費。

それでいて私自身のお小遣いは5万円は欲しいというわがままさも残す。

 

月々のキャッシュフローが実際どうなるのか、年間で見ると

固定資産税もそこそこの破壊力でのしかかってくる。

 


というわけで。


2022年10月。

 

私は今後の投資活動を諦めました。

 

今まで地道に続けてきた積立投資39万円/月、ドル転3万円/月の継続、

そして、本当は事業レベルまで保有数を増やしたかった区分マンション5室目。

 

もう無理です。

できて、FXでちょこちょこお小遣い稼ぎするくらい。毎日のお昼代とか。

 

という感じで、今までと大きく前提が変わる来年の資産運用。

 

大きなテーマは

資産を減らさない

です。

 

毎月1円でもいいから純資産を増やすことを目指し、

とりあえず最低限、減らさない。


そうすれば、最悪の最悪、最も恐れる住宅ローン破産を回避可能だろうし、

あわよくば日々のキャッシュフローでは賄いきれない三大支出、

住居費、教育費、老後のうち、老後資金は気にしなくてよくなっちゃったりして。

 

なぜなら、20年後には6倍1.2億円になっているはずだから。(S&P500過去実績理論)

 

1.2億円になれば老後資金どころか、65歳過ぎても数千万円残る住宅ローンの残債も

余裕のよっちゃんイカで返済できちゃうのである。

 

おほほ!おほほほほ!


だからこそ。

 

今後は、月々の収入で住居費、教育費を賄いきることに尽力。

課題は嫁からの「お前はケチ野郎か?」圧力に耐え忍べるかどうかです。


甲斐性が無いわけではないとこれまで数千万回言ってきてはいますが、

今後も1時間に1回のペースで繰り返し説明していく所存です。


2023年は「資産を減らさない」。

よろしくお願いいたします。

 

以上です。

 

世界一早い2022年投資振り返り。

 

こんにちわ。おいも太郎です。

 

今年も早いもので5/6が過ぎようとしており、年収見込みが立ち、ふるさと納税

どれにしようか迷い始めている方もおられるのではないでしょうか。

私もその一人で、ビール定期便にしようかお米定期便にしようか絶賛悩み中です。


さて。

 

今年の資産運用についてもそろそろおおよその着地予想ができそうなので、

現状と見込みをお知らせするよ。

 

私の資産状況は以下の通り。

34,843,152円

 

年間プラス1,504,721円。

 

過去の年間資産増加額を並べてみると、さるに柿を投げられたかにの気持ちが分かる。

ものすごく渋い。

2021年が危うく会社辞めそうになるくらい飛び抜けて好調だっただけに、

その翌年がまさかここまで残念な結果になるとは。

 


というか。

 

 

トータルリターン(今年の儲けを示す数値)はマイナスなので

今年は投資うんぬんかんぬんではなく、ただただ労働して貯金してました状態。

ファッキンサノバビッチな一年でした。

 


今年はトータルリターンプラスは期待薄。

10月から残り3か月間の収入-生活費がそのまま積み上がるのみとして、

年間増加額の着地見込みは200万円くらいです。


アメリカ一辺倒な私はNYダウやNASDAQの下げをもろにくらい、

年間で初のマイナスもありえましたが、急激な円安でむしろ9月に

持っている投資信託が史上最高値をつける何ともすっきりしない

状況を味わう1年でした。


利上げするとはどういうことなのか。

それを肌で感じた私は、また景気サイクルが巡り巡って

次の利上げフェーズになったら、次世代に余計なお世話しようと思います。


「利上げの影響はまだまだこんなもんじゃないぞい!」

どやっ!

ってね。

 

とほほ。

 

データ上3,600万円到達!(今日だけ)

 

いつもお世話になっております。おいももすももです。

 

なんかアメリカさんがインフレを抑えることを最優先とかで

今後1,2年の株価は諦めた説があるそうで。

金利を上げることでインフレを抑えることに躍起になりつつも、

8月の米消費者物価指数(CPI)からは全然収まる気配が感じられないと、

ここ数日の株高、円高が無き物にされてしまいました。

 

そんな状況を受け、今日こうして筆を執ったことには理由があります。

私以外、誰も何も嬉しくない報告をするためです。


実は9/13時点で、私の資産額が過去最高記録を出しています。


私の資産状況は以下の通り。

36,611,860円。

 

3,600万円到達!

自分史上最高記録達成!!1


投資信託、株、FXの評価益合計3,000万円達成!!1

 


明日、3,500万円台に戻ることが分かっている状況ですが、

次はいつ3,600万円台に乗るか先行き期待薄なので

輝かしい今この瞬間を残しておきます。

 


メインの投資信託状況。

グローバル株式インデックス・オープンの損益が100%に到達する日はいずこ。


トータルリターン、+転換。

今年はほぼほぼマイナス域。明日からまたマイナス域。

 

 

というわけで、直近のベストショットをお届けしました。

 

 

ちなみに。

今後の投資に関して考えていること。

 

まず気にしているのはドル円

今年3月からの急激な円安。115円→145円。

あとはインフレ。

消費者物価指数、海外は急上昇中、日本も上昇中。

https://www.dlri.co.jp/report/macro/193944.html#:~:text=%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83-,%EF%BD%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%EF%BC%92%EF%BC%85%E8%B6%85%E3%81%88%E3%82%82%EF%BC%99%EF%BC%85%E5%89%8D%E5%BE%8C,%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AF%EF%BC%9F%EF%BD%9E&text=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E7%8E%87%E3%81%AF,%E5%BA%A6%E5%90%88%E3%81%84%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%92%E5%8F%8D%E6%98%A0%E3%80%82

 


1円の価値の低下が著しくてちょっと焦ります。

アメリカのハンバーガーが1,000円では全然買えないとか、

iPhoneを買うには11日働かないといけないとか。

 

今年ずっと維持している600万円台の現金、

額面は変わらないけど実質的な価値は100万円分くらい下がっているとか悲劇。


なので、可能な限り現金を持たず、海外資産や現物(私の場合は不動産)資産に

資金を回すことをより意識していこうと思っています。

 

現金やばい。

 

自己史上初、3,500万円到達。元本も2,000万円間近。

 

いつもお世話になっております。おいももんがです。

 

私の資産状況は以下の通り。

35,274,827円。


3,500万円到達!

自分史上最高記録達成!!1

 


積立投資を始めて約8年で達成。

私には株やFXトレードで資産を増やすスキルもセンスもなく、

唯一の勝てる方法が積立投資、長期投資だと思っています。

 

長期投資において、私がそのモチベーションを維持し続けるために

忘れないようにしている事実があります。

 

それは、これ。

『S&P500投資で20年後6倍、30年後8倍』

 

これはもう家訓として掛け軸にしたいくらい。

あまりに感動したもので、過去にもブログ記事にしています。

 

S&P500投資で20年後6倍、30年後8倍の意味。(2020/9/12)

super-hatarakiman.hatenablog.com


現在、元本は1,900万円。

なので、元本にさえ一切手を付けなければ計算上、

20年後56歳、1.1億円。

30年後66歳、1.5億円。

 

うぴょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!11

 

 

実際こうなるか分かりませんが、ある程度現実的な計算で億超えるとか、

私も偉くなったものだ。粘り強さだけが私の強みだわ。

おかげで、ほぼ億り人確定。

しかもそこに、年金や確定拠出年金がプラス乗ってくる。

the 安・泰☆

 


上述の記事で既に言っているのですが、

今後の投資、貯金は完全にオーバーキル。

カウントダウン0で99999×16連をぶっこんでくるボスレベル。


日々の生活費、だいたい月に手取り15~20万円でも稼げれば十分で、

時間と精神を削りながら給料優先で生きる必要は全くない。

 

やりたいことは見つけられないままなので、

やりたくないことをやらないこと最優先にして生きていける。


なので、実際はうんこなのに、お花畑と思って深呼吸する必要もない。

もはや、お花畑どころか、ミラクルかわいい女の子に囲まれているのと大差なし。

くんかくんか。すー、すー、は~~~。

 


そんな気持ちで精神を安定させながら明日も普通に会社に向かう私ですが、

そろそろ本気でもう今の働き方とはおさらばして良いのではないかな。

 

あー、いらいらするぜ!!!!1

いらいらする!

 

いらいらするぜ!!!!!11