資産形成改め結婚活動に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが結婚活動と資産形成に勤しみます。

総資産額2000万円突破。感想。

 

私の資産状況は以下の通り。

 

f:id:kannrininn:20200209090933p:plain
20,019,725円。

 

皆様、お待たせして大変申し訳ありませんでした。

ついに。

ついに2020/2/7、私の総資産額が2000万円に到達しました。

 


2000万円という数字に思い出されるのは、

昨年末、平和に暮らしていた人々を絶望の淵に叩き落した

『2000万円用意しなければ老後生きていけないぜ?』

という老後2000万円問題。


金融庁の報告書によると老後2000万円は以下の前提のもと算出されているとのこと。

・夫65歳、妻60歳の時点で夫婦ともに無職である。

・30年後(夫95歳、妻90歳)まで夫婦ともに健在である。

・その間の家計収支がずっと毎月5.5万円の赤字※である。

※総務省「家計調査」(2017年)における高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)の平均。

(引用元:https://www.chibabank.co.jp/blog/after-retirement-20million-yen.html


なので、皆様、早めに投資で資産形成を行いましょうね、という話でした。

 

 

で。


私はこの老後2000万円問題を解決した、というわけです。


だって、もう2000万円はあるのだから。


厳密には65歳までにこの2000万円をキープし続けることと、

夫婦二人で年金など毎月約21万円という前提も整える必要があるため、

それらを満たすために依然として働き続ける必要性は残りますが、

極端に言うと、今後はもらった給料全部使い果たし続けても良いのではないか。

私はそう思います。


言ったら、毎月の35万円積立投資もやめてしまっても良いし、

それこそ、毎日1万円ずつ使えちゃう生活ができます。

毎日、明け方まで酒飲んで、あっかーん飲みすぎたにょほほーって叫んだり、

毎晩ブンブンパーティー開くとかもありですね。(ブンブン!

 

 

だがしかし。


「依然として働き続ける必要性は残る」と言う点について、

実はこれは2000万円貯めるより大きな壁ではないか、と感じます。


「夫婦二人で年金など毎月約21万円の収入がある前提」、

1人あたりの年金10万円だとして、それを普通に達成しようとすると、

今の労働パワーを維持しつつ30年近く働き続けなければならないらしい。

(日本年金機構でのシミュレーション結果)


知ってました?

私って、最新のねんきん定期便によると

現時点で65歳からいただける年金は月額4.8万円だけみたいなんですよ。

20歳から15年間535万円支払って得た年金受給権利は月額4.8万円。


これを倍にしなければならないなど、

先が見えなさ過ぎてやばいとしか言いようがない。


だいたいこの先30年近くも、働き続けられる保証がない。

病気、ケガ、精神的な問題や、そもそも年を重ねながら

今と同じパワーを出せるものなのか。

保証もないし、自信もない。モチベーションも続くものなのか。

 

それであれば、今のこのフルパワーで行けるところまで言って、

貯められるだけ貯めておくのが大吉花子なのではないか。


本当の意味での貯金はこれからですね。


年金をスルーできるくらいの圧倒的資金力が欲しい。

そう言った意味でも、とりま1億円!