資産形成に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが資産形成に勤しみます。

老後資金2000万円が36歳で貯まる。その後、何して遊ぶ?

 

私の現在の資産状況は以下の通り。

f:id:kannrininn:20191005112106p:plain


9月は+70万円(給与込み)で終えました。

8月が-80万円(給与込み)だったので、

ほぼほぼ復活と言えます。


いや、良いことを教えてさしあげましょう。

フリーザ的な雰囲気で。


出張精算未完了分を私はあと20万円も残している。

その意味がわかるな?


そうです。

 

実質、過去最高資産額なのです。

 

 

私は思いました。

 

あれ、もしかして、この前、金融庁の偉い人が教えてくれた、

老後資金として必要な2000万円に来年あたり到達しちゃう?

 

って。

 

ということは、もしかして、それ以降、2000万円を超えるお金は、

これまでの節約生活からは打って変わった

イケイケブンブン生活のために使えちゃったりなんかして???

 

 

過去、結婚した場合と、独身を継続した場合の2パターンで

完全リタイアに必要な資金をシミュレーションしたことがありました。

 

その時の結果としては、

結婚した場合:60歳までに8,800万円
       ※二人暮らし、100歳まで生き、自分の年金と資産取り崩しのみ前提

f:id:kannrininn:20190630110358p:plain

 

独身の場合:60歳までに5,000万円

f:id:kannrininn:20190630110636p:plain

 


そこに新たに登場した、60歳までに2,000万円あれば良い説

 


その水準には来年にでも到達する可能性が極めて高いため、

それ以降、いかに2,000万円を下回らないレベルで

効率的に遊びまくるかが生きる上での焦点になります。

(毎晩ブンブンパーティー開くとかもありですね。)

 


金融庁の報告書を読んだこと無いので、どういう前提の元の

老後資金は2000万円なのか全然分かりかねますが、

とりあえずそれをクリアできそうなだけに、

その後のプランニングはしっかりしておきたいと考えています。

 


思考停止で何もしなければそのまま会社通いをしてしまうので

それだと時間がもったいない。

 

タイはパタヤにも行きたいし、

その前に日本全国津々浦々な旅もしたい。

日本どころか近畿圏もろくに行ってないし。

 


というか、私はこの35年間、一体何をしてきたのでしょう。

 


老後資金2000万円を確保した後、

自分の生き方、見直します委員会

発足です。