資産形成に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが資産形成に勤しみます。

トルコリラと私。スワップより想い出。

 

――トルコリラ戦士。(リラレンジャー)

それはトルコリラを愛し、トルコリラをロングすることで、

まだ見ぬ理想郷を目指す者達。


2016年5月にトルコリラデビューをした私は、

現時点までにおいて一度もロスカットされたことはありません。

ガチホを貫き通してきている者としてそれは一つの誇りですが、

ここまでの歩みは決して平坦な道のりではありませんでした。


今回は、2018年8月お盆に起きたトルコリラショックの1周忌ということで、

2016年から現在まで過去3年間におけるトルコリラの活躍と

その時の私の心情をまとめました。


なお、現在のポジション状況は以下の通り。

f:id:kannrininn:20190804222531p:plain

f:id:kannrininn:20190811000646p:plain

 

この状態をパーフェクト・ブルー、または、ブルースカイ

地域によっては、青の洞窟と言います。

 

とにもかくにも誰もが始めからこうなっているわけではありません。

そこには血がにじむような努力があるのです。

続けることの大切さ、今日はそれを分かって帰っていただければ幸いです。

 

1)トルコリラ初ロング(2016/5/17)36.8円

2016/5/17 23:28

36.801円 1万通貨ロング

 

セリング・クライマックスだと信じて疑わない、華々しいデビューです。

イギリス国民投票前で、売買しないほうが良いという情報を

事前キャッチしていたものの、私だけは大丈夫という前向きな気持ちで購入。

入金額は32万円。FAだからレバレッジ効かせなきゃ!謎理論保持者の私だよ。

 


2)ブレグジット(2016/6/24)1日で37円→34円

FXデビューから1ヶ月後、ここで早くも挨拶代わりの一発を食らうことになります。

 

運命のイギリス国民投票の日。

イギリスは絶対にEUを脱退はしない、

なぜなら私にだけは想定外なんて起きないから…!

 

そう信じてやまない私は、朝起きてすぐに布団の中でトルコリラを追加購入。

 

2016/6/24 7:53

37.34円 3万通貨ロング

 

これが今も残る、ロング側の最高級クソポジである。

 

 

だがしかし。


世の中は常に非情です。正午に近づくにつれ、まさかまさか脱退が濃厚に。

昼休み、震えたね。

同日12:57、33.47円まで下がったところで、13万通貨ショート

本当は3万通貨ロングしたかったのに、です。


桁が違う注文数の上、さらに逆の注文。

それくらい未だかつて見たことない数字に突き進もうとするトルコリラを見て、

狼狽っぷりが半端なかったのでした。


この時はさすがに損切りました。

結局30万円くらいの確定損失。

トルコリラは何が起こるのか分からない。だから面白い。(言うてる場合か

 


3)クーデター未遂(2016/7/15)1日で36.4円→34.4円

非常事態宣言発動。

なんかえらいことになったぞ!と思ったとか思わなかったとか。

このくらいの下落にはなれていたのもある。


4)名もなき下落(2016/12末~2017/1)約1ヶ月で33円→28円

1月1日 トルコ最大都市イスタンブールにおいて多数の死者を出すテロ事件が発生

1月3日 非常事態宣言を1月19日からさらに3ヵ月延長することを可決

1月9日 大統領の権限を強化する憲法改正案の審議が実施。

    エルドアン大統領が最大2029年まで大統領として実権を持つ可能性があり、

    欧米諸国を中心に同氏の独裁化や民主主義の後退を懸念する声が高まった。

 

ずるずると下がり続けるトルコリラを見て、このあたりで、

さすがにえらいものに手を出してしまったと痛感した記憶あり。

 

華々しいデビューから半年で後悔するとか、

ある意味、私の人生でよくあることなので、

総合的には後悔していません。

なんだかんだ、心の中ではまだなんとかなる理論を展開していました。

 


5)ビザ停止(2017/10/9)1日で32円→30円

米国とトルコが相互にビザ(査証)発給業務を停止した問題を受け、急落。

これは、おはぎゃああああああああ!でした。

一旦は潤沢な資金により、耐えましたが、約1年ぶりとなる

追加入金を余儀なくされたのもこの時でした。

なお、これ以降、2018/8/13まで合計133万円の入金を強いられることになります。

 


6)トルコリラショック(2018/8)約2週間で(23円→15円)

史上最悪最低な事件と認識しています。

わずか1週間で4円下落(22円→18円)、そして最終的に15円台まで下落。

短期間で30%のもの下落。

これが私の知る限り一番ひどい下落です。

 

この事件で私の中の炎が消えました。

入金してからのナンピンではなく、ロングを減らし、

かつ、ショートせざるを得なかった。

 

ロスカットさえされていないものの、これは実質の敗北でした。

 

スワップで稼ぐ!という目的に反することを自分で選択する時の悔しさ。

 

耐え難きを耐え忍び難きを忍び。

底が見えない下落と、何よりもその勢いに、

もはや私にこれ以上の新規入金を行う気力はなく、

ショートすることによる含み損拡大を吸収する作戦に変更です。


2018/8/13 7:14

15.782円 2万通貨

しかも、これが現在まで残るショート側の最低くそポジションになっちゃったとかもう。

 

 

7)フラッシュ・クラッシュ(2019/1/3)1日で 20.5→18.3

この件については、私にとっては昼下がりのコーヒタイムと変わりありませんでした。

なぜなら、既に死んだも同然の状態だったから。

 

f:id:kannrininn:20190804222531p:plain

このポジション状況ですよ?

上行ってもダメ、下行ってもダメ、

どっちかに突き抜けても、それはそれでダメ。

 

いわゆる、クソポジクッションが強力すぎて打つ手なしです。(オワタ

 

 

 

3年間で7つくらい思い出を挙げられるような投資先に出会えて、

私は後悔していません。

嘘です。ものすごく後悔しています。

なかなか損切りに踏み切れない私としては、

入金した300万円もの資金が凍結されたことになっています。


これは、お金の置き場所にうるさい資産形成家としては、

断じて許すことのできない愚行です。


トルコリラと向き合う限り、これからも、

様々な苦難が私を待ち受けているでしょう。

次はどんなショックが待っているのでしょうか。

 

私は負けません。

勝つまでは。


そう、なんだかんだトルコリラはガチホ最強説なのだから。(マジで