資産形成に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが資産形成に勤しみます。

自己肯定力が人生をイージモードにする。

 

『上には上がいくらでもいる。

 でも、下にも下がいくらでもいる』

 

f:id:kannrininn:20200104101745j:plain

(画像転載:https://grapee.jp/681527


私の目線はとめどなく下方向。どうもゲスオです。

 

特に誰かや何かの属性をイメージしているものではありませんが、

私がなにか辛いことがあったときに自分に言い聞かせるのが冒頭の言葉です。

 

いや、「下」という表現が良くないですね。


「下」という表現は、あくまで世間一般の認識で言っており、

私の感覚からすると、「勇者」と評するのが適切。


例えば、私はこう思うようにしています。

 

朝、起きただけでえらい。

会社に間に合う時間に起きたのならもっとえらい。

歯を磨いてえらい、顔を洗ってえらい。

会社に行ったらえらい。

始業時間に間に合ったらえらい。

8時間頑張ったら、世界最強にエレガント。


でも、世間一般では当たり前。

それができない人は残念ながら「下」と見られてしまいます。

「下」、否、「勇者」は例えば、こんな人。

 

朝、起きれない。

起きたけど、会社に間に合わない。

歯を磨かない、顔を洗わない。汚い。臭い。

会社に行かない。サボる。

始業時間に間に合わない。

8時間頑張らない、サボる。

 

こういう人と比較すると、ちゃんと朝起きて会社に行っている僕は

めちゃくちゃ偉いですよね。

褒めちぎられても良いくらい、偉い。勇者を超える偉さ。


だから多少、仕事でミスっても、怒られても平気。

だって、それでもなお、僕は偉いのだから。

なんたって、僕、ちゃんと会社来てるし(どや

 

僕は上司、会社に対して思います。

 

今。

ここに。

あなたの目の前にいることを。

まずは評価してください。

 

と。 

 

話はそれからではないでしょうか。 

 

 

となると、急に、日常に楽勝感が生まれます。


やばい、俺、朝起きた!!

と思うと、人生超絶イージーモード。


自己肯定力は本当に大事。


人として本能が求める欲求(食べる、寝る、Hなことする)以外は、

全て、誰か何かに対するサービス(単なる消費ですら社会貢献、生きる意味、

付加価値)と考えることにより、日々の生活がぐっと楽になります。

急に、自信が湧き出てきます。


初仕事が目前に迫っており、鬱全開な私ですが、

自己肯定力に磨きをかけることにより、

何とも思わなくなれます。

だって、朝起きて、会社行っただけで偉いんだから!


そして。

 

自己肯定力をさらに磨きかけてくれるのが、経済力。


金さえあれば、会社も行く必要ないので、朝起きたくなければ起きなくてもOK。

ナイス睡眠、ってむしろ褒められます。


と言っても経済力はなかなか付けにくいので、

まずは自己肯定力を磨いていきましょう。

 

 

昔、俺は神だ!と大学時代に酒に飲まれて暴れ回った友人がいましたが、

さすがにそれは自己肯定力高めすぎなので、ご注意ください。