資産形成改め結婚活動に勤しむブログ

35歳、男、独身、一人暮らしが結婚活動と資産形成に勤しみます。

インデックス投資歴7年弱、再び含み損時代へ?!

 

コロナというより、コロナに感染したことで

プライベートの動きを会社に報告しないといけなくなることを恐れ、

会社の飲み会も辞め、休日、家にいることも多くなっています。

そんな私は暇だったこともあり、ついつい下がりまくっている株を追加注文。


8591:オリックス

1株

5857:アサヒホールディングス

2株

VYM NYSEArca:バンガード 米国高配当株式ETF

5株


コロナ起点で下がったっぽいやつは買っておいたらいいかなって。

 

でも、私の資産形成の主力・投資信託はまだ様子見です。

 

そんな投資信託の状況は以下の通りです。

f:id:kannrininn:20200307215007p:plain

6ファンドの内、2ファンドが死亡。(おぉ、死んでしまうとは情けない

 

インデックス投資始めて、あと2ヶ月で7年目に突入しようとしておりますが、

たぶん、今月、含み損生活に突入することになると思います。

 

もしそうなった場合、いつ以来ぶりだろうかと思い起こしてみると、

2018年末のクリスマスショックでもマイナスになってました。

こんな定期的に〇〇ショックとやらが来て、

その度に含み損生活突入とは、インデックス投資は

ほんとに10年、20年見ておかないといけない

教科書通りの投資法ですね。


まぁ、含み損が-20%、-30%になろうとも絶対売らんけどな…!!

 

たぶん、下がれば下がるほど私はより売らなくなる。

FXや個別株で鍛えた塩漬け力がここに活きています。

 


ところで、私を再び含み損生活に叩き落そうとしている

コロナ禍ですが、この先、株価的にどうなるのか。

過去のパンデミックの時、いつ、どこまで下がったの調べてみました。

 

 

f:id:kannrininn:20200307215104j:plain

(取得元:https://limo.media/articles/photo/16249


発生~終息まで

SARS(重症急性呼吸器症候群) 02年11月から03年7月

MERS(中東呼吸器症候群) 15年4月から15年12月

 


これだけみるとまだまだですが、

直近の株価の大きな下落はコロナは単なるきっかけ、

もともとの割高から売る理由を見つけての下げとも聞きますし、

アメリカの利下げも企業の社債返済が滞らないようにとか、そんな記事も見ました。

 

www.yutainvest.com

 


真実とこの先どうなるかは私には分かりませんが、

いよいよ本当に冬の時代が始まろうとしているのであれば

私も気持ちを切り替えていかなければなるまいて。


まず、私にできること。

 

しっかり働いて、現金を蓄えていくことです。

 

冬が訪れる前のアリのように。

 

えっほ!えっほ!